邦画がつまらないのはなぜか?味噌汁作ってる場合じゃないぞ!

どうも1週間以上熱が続いて頭が茹で上がりそうなゆでたまです。

風邪なんて何年も引いていなかったのになあ。

 

ということで今回はちょっと邦画界の愚痴を書こうかなって思います。

あ、邦画好きの人は気分悪くしちゃうと思うんで読むのはやめた方が良いですよ!

 

さてまず初めに僕は色んな国で暮らしていたのでどの国が自分の母国とかってないです。

自分で言うのもなんですけど国や民族というものに愛着がない故にいずれかの国を色眼鏡でみることがないです。

だから客観的に映画を評価できているつもりではあるのですが・・・何分ど素人の意見ですからね。

偉い映画評論家や知識豊富やプロのライターのような深い見識はないのですよ。

あくまで映画好きによる一個人の意見程度に受け取ってくださいね。

それらを踏まえた上でこれからの話を聞いていただければ幸いです。

スポンサードリンク

日本の映画はレベルが低い

先日英国の映画制作会社の代表のアダム・トレルという人がこんなことを言っていました。

「日本映画のレベルは本当に低い。最近すごく嫌いになってきたよ!」

「アジア映画の中で韓国や中国とかが頑張っている。それに比べて日本はレベルがどんどん下がっている。以前はアジアの中で日本の評価が一番高かったけど、今では韓国、中国、台湾やタイなどにお株を奪われている。ちょっとやばいよ」

引用元:headlines.yahoo.co.jp

といったように真っ向から真っ二つに切り捨ててます。

そして大多数の人がこの意見に同意せざるを得ない状況になってます(一部除き)

僕はこのニュースをみて悲しかったですね。

って別に日本映画業界を憂いてるとか大げさなもんではないです。

ただなっさけねー!って思ってガッカリしてるだけです。

何が悲しいってこれを指摘したのが外国人てことなんです(補足しておくとアダム・トレルさんは日本映画の大ファン)

よーするに邦画のレベルの低さを指摘する業界人が今まで日本にいなかったってわけですからね。

まあ、丸っきりいなかったわけではないだろうけどここまでハッキリ言い切った人は少ないんじゃないかな。

日本映画が劣化し続けている理由

アダム・トレルさんが劣化の理由を大方説明してくれてます。

簡単に書くと・・・

・映画製作の費用が少ない

・映画関係者への報酬が少ない

・映画評論家がちゃんと評価しない

 

上2つは日本のマーケティングの方法とかの絡みもあるんで僕は細かく突っ込みません(突っ込める知識がない)

気になるのが最後の映画評論家のやつです。

これっていわゆるステマ(ステルスマーケティング)ですよね。

配給会社から依頼されてんのかお金渡されてるのかはわからないけど明らかに否定的意見が多いのに異常に評価の高い映画がたまにあります。

「進撃の巨人」がいい例になってます。

ちなみに僕は原作を呼んでいてアニメも全話観ています。

ただ僕は原作もの映画って原作要素を一切考慮しないで映画単体として観るので別に改変とかまるっきり気になりません。

とりあえず面白ければ何でも良いですからね。

進撃の巨人の評価はここがおかしい!

まず進撃の巨人は脚本を映画評論家が担当したみたいです。

それが原因かはわからないけどそこかしこで高得点を連発しています(特に大手のサイト)

しかし実際の評価は学芸会レベルの演技に「僕の考えた壮絶で悲惨なお話」のような脚本の映画でした。

僕も観ましたけど本当に酷いです。

特撮がよく褒められてるけど学芸会レベルの演技とゴミみたいな脚本が台無しにしてます。

ていうかその特撮だって酷すぎる演技と脚本を覆せるほどのものではないと思いましたが・・・

頓珍漢な事を言う制作サイド

有名な映画音楽の制作の人らしいけどアダム・トレルさんに対してこう反論したようです。

当たり前のように炎上しましたけど、日本映画業界に深く携わっている人なら言ってほしくない言葉ですよね。

しかも炎上した後の言い訳が超低レベルです。

「バットマンVSスーパーマン」を貶してめて邦画を上げていましたからね。

名指しで作品を貶めて自分の思ういいものをあげるって・・・子供の言い争いじゃないんだから。

映画の完成度よりも宣伝に金かけたほうが利益がでる

今の時代ってSNS全盛期じゃないですか。

僕もTwitterをやってはいるけど全然使いこなせてないし、てんで呟いてないんでフォロワーとかいませんけど・・・

でも大抵の人はSNSを使いこなし有名人をフォローしたり自分の好きな分野で最新情報を得たり自己表現をしたりとコミュニティを築いています。

そして彼らは友人に友人にと拡散してくれるのであっと言う間に情報が広がっていくんですよね。

 

・・・そうなればあとは分かりますよね。

ジャニーズやモデルなどの広告塔として顔がいい人達を映画に使うだけで人が集まっちゃうんです。

演技が上手い無名よりも演技が下手くそな有名人を使うだけで集客が成り立ってしまいます。

映画評論家の件もそうですよ。

「この映画評論家は有名だし好きだからこの人が面白いって判断してるのなら面白いんだろう!」

ってなっちゃう人もいるでしょうからね。

とくればサム・ライミのスパイダーマンシリーズみたくCGにアホみたいにお金かけて良いものを作るよりも有名人を使ってくそ映画を宣伝したほうが圧倒的にコストがかからないんでしょう。

邦画と洋画は比べちゃダメ?

人によって時々「海外のアクションと比べんなよ」とか「日本映画として評価しろよ」って言い出す人もいるんだけど。

これだけ世界中の映画が観れる時代に比べるなって無理じゃない?って思うんですよ。

そういうのは映画評論家のすることであって僕ら一般ユーザーってより良い物を比較するのは当然ですからね。

それに予算がない=いいアクションが撮れないみたいなのっておかしいと思うんですよ。

だって「マッハ」とか低予算でもアクションの質は桁違いに良いですからね。

今の邦画は「観る気」にすらならない

僕は映画ってよっぽど自分が追っかけてるコンテンツでなければブログや観た人の感想をチェックしてから観に行く人なんですよ。

映画好きである前に僕もただの消費者ですからね。

やっぱり時間もお金も損はしたくないんです。

それなのにステマだらけでまるで信用出来ないレビューが溢れている邦画は観る気にすらなりませんよ。

まとめ

邦画への愚痴をつらつらと書いたけど僕は別に邦画自体が嫌いなわけじゃないです。

単純につまらない映画が嫌いなんです。

だって好きな邦画も多いしこのブログでもレビューで高得点を出してる映画もあります(悪の教典とかZアイランドとか)

しかしそんな監督の頑張りも虚しく今の邦画界は映画作りの資金を宣伝やステマに使うだけで良い物を作るためにコストを割く気はさらさらないんでしょう。

そう考えるとユーザーとスポンサーとの板挟み状態の映画製作サイドは大変なのかもしれませんね。

それに映画が大好きでこの業界に入ってきたら役者すら自由に選べないってんだからなあ。

ただそれはそれ

僕は映画好きとして消費者として支払った対価に対する感動を与えてもらえなけば制作サイドがどれほど苦労してようが「つまらんものはつまらん」って言おうと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ