[今度のMJは]スパイダーマン ホームカミング ネタバレ 感想[可愛いぞ!]

「スパイダーマン:ホームカミング」オリジナル・サウンドトラック

あらすじ

サム・ライミ監督&トビー・マグワイア主演の「スパイダーマン」(2002~07)、マーク・ウェブ監督&アンドリュー・ガーフィールド主演の 「アメイジング・スパイダーマン」(12~14)に続き、3度目の映画化となる新たな「スパイダーマン」。主人公スパイダーマン=ピーター・パーカー役には、「インポッシブル」のトム・ホランドを抜てきし、「アベンジャーズ」シリーズをはじめとした、同じマーベルコミック原作の作品同士で世界観を共有している「マーベル・シネマティック・ユニバース」に参戦。16年に製作・公開された「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」で初登場を果たした後のスパイダーマンの戦いを描く。ベルリンでのアベンジャーズ同士の戦いに参加し、キャプテン・アメリカのシールドを奪ったことに興奮するスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーは、ニューヨークに戻ったあとも、トニー・スタークからもらった特製スーツを駆使し、放課後の部活のノリで街を救う活動にいそしんでいた。そんなニューヨークの街に、トニー・スタークに恨みを抱く謎の敵バルチャーが出現。ヒーローとして認めてもらい、アベンジャーズの仲間入りをしたいピーターは、トニーの忠告を無視してひとりで戦いに挑むのだが……。悪役のバルチャーを演じるのは、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のマイケル・キートン。監督は、ミュージックビデオ出身で「クラウン」「COP CAR コップ・カー」で注目された新鋭ジョン・ワッツ。(映画.comより)

予告

 

85点

歴代で一番可愛いMJ

初日に観てきたんですけれど、お盆絡みで中々感想のかけなかったスパイダーマン ホームカミング。

というかジョン・ウィックもザ・マミーも観てるんで、はよ記事にしないと記憶から抜け落ちていきそう、、、どっちも内容自体は薄いだけにね。

さてアメコミ史上もっとも短いスパンでリブートされているスパイダーマンシリーズですが、出来は予想通り素晴らしかったです。

個人的にサム・ライミ版以上のスパイダーマンが完璧すぎて、コレ以上はもう登場しないと思っていたんですよ。

だからアメイジング・スパイダーマンはあんまり好きじゃなくてですね(アクションの出来はシリーズで一番いいけどね!)

でもシビル・ウォーでのトム・ホランド版のスパイダーマンを観た時に「こりゃ期待できる!」と思えたんですね。

んで期待通り面白かったのだけれどもちょっとどうかな~と思う部分もなくはないんですけどね、それも含めて感想を書いていきます。

ザックリとストーリー紹介

・トニーにヒーローとしての資質を見出され、トニーお手製のスーツをもらい地元でヒーロー活動をするピーター。

・小悪党や人助けをしつつ、シビル・ウォーのようなデカイ事件を待っていたピーターは危険な兵器を使う強盗に遭遇する。

・その兵器がトゥームス(ヴァルチャー)達によって、宇宙人の武器を改良して売りさばいていることを知る。

・トニーに一人前として認めてもらいたくて、スーツについている制限機能を取っ払いトゥームスと単身戦うピーター。

・しかしトゥームスを取り逃がした上に、あわや大惨事を招く事態にトニーに呆れられてしまいスーツを没収されてしまう。

・ヒーローであることを忘れ、一人の高校生に戻ったピーターは憧れのリズをパーティにさそう。

・ドレスコードをしてリズの家を尋ねるピーターはリズの父親がトゥームスであることに驚く。

・トゥームスはピーターの正体がスパイダーマンだと見破り、もう関わるなと脅す。

・しかしピーターは自前のスパイダースーツを来てトゥームスを追う。

・一方でハッピーによるアベンジャーズの引っ越しが行われていた。

・アベンジャーズの装具を横取りしようとするトゥームスとピーターは激しい戦闘を繰り広げる。

・トゥームスを撃退し、トニーに一人前と認められるもののアベンジャーズには入らずクィーンの街を守ると決めたピーター。

・トニーによって新たなスーツをプレゼントされ、それ着ている所をメイおばさんにみつかってしまいメイおばさんの絶叫とともにエンドロールへ。

・エンドロール後には入所したトゥームスと新たな敵であるスコーピオンが会話をしていた

・更に待っているとキャプテン・アメリカが「時には忍耐も大事!でも待っても何もないこともあるよ、てへぺろ」と視聴者に話しかけてEND。

ピーターの成長を見守る物語

(アベンジャーズに入りたくてしょうがないピーターがキュートでしたね~)

今作はベンおじさんのくだりと蜘蛛に噛まれて超人的な力を手に入れるくだりは省かれています。

そのぶん、空いた尺をこれでもかってくらいピーターの成長に焦点を当てられているんです。

大体前2作で散々やったしリブートの間隔も殆ど空いてないですからね、なくても困りはしないでしょう。

なので今作はヒーローに憧れる普通の学生→一皮むけたヒーローらしい学生へと成長していく様を二時間半じ~~くり拝めるんですよ。

なんでまあ少年の成長物語を楽しめないとこの映画って評価さがるんですよね。

実際に映画館を出る際に「スパイダーマンがガキンチョ過ぎて全然面白くなかった~」と女の子二人が話してるを聞いたんです。

まあ、ホームカミングはロマンスもなければ、泣けるエピソードもないですからね~、そういったもの目的だと女の子にはちょっと退屈かもしれません。

逆に男の子ならグッと来る場面は沢山あるんですよ。

クラスメイトを救うために決死のダイブしたり、スーツが内蔵オペレーターだったり(即死モードみたかった)、相棒が笑える良い奴だったり。

終盤の瓦礫に潰されて、助けを求めようとするも自力で脱出するあたりはなんてスッゲー熱くなれましたね~。

他にもピーターのアベンジャーズのメンバーになれるのなら学校だって行かなくていい!という短絡的な発想が子供らしくてホッコリします。

トム・ホランドのキュートなベビーフェイスも相まって可愛らしさアップなのです。

トニー・スタークの成長とピーターとの漫才

(やんちゃだけど心配症なお父さんに見えるトニーでした)

トニーは事あるごとにピーターにお説教だったり、大人として古参ヒーローとして助言をするんです。

でもそれがトニーらしく偉そうで高圧的で言ってることも「お前が言うなw」と言いたくなるようなことばかりなんですね。

それが面白おかしいと同時にトニーが、どれだけピーターに対して本気で接しているかもわかるのがいいのですよ。

だってトニーは様々な失敗を乗り越え、シビル・ウォーでは親友すら失いかけたんです。

でもそんな困難を乗り越えたトニーだからこそ、ピーターに対する言葉に深みがあるんですよね。

そもそもトニーにだって自分が「お前が言うな」的な事を言ってる自覚はあるんです、劇中でも「俺のようになるな」って言ってるわけだしね。

だからふざけた発言をしているようで彼なりにピーターを心配していて、自分の培った経験をピーターに伝えて自分と同じ轍を踏まないようにしてやろうとしているんです。

シビル・ウォーでの反省を活かし成長したトニーを見れるのも今作の楽しみの1つですね~。

歴代最強のMJ登場!

今作のホームカミングはヒロインが不在なんですよね。

一応リズがそのポジションといえばそうなのかもしれませんが、あまりヒロインらしい出番はないですからね。

その代わりに出番は少ないもののミッシェルという新MJがメチャクチャいいキャラしてました(ただしコミックのMJと同じ役回りになるかはまだ不明)

セリフは数えるくらいしかないのに、核心をついた発言をするし立ち振舞から溢れ出る大物感がたまりません。

歴代MJは可愛くて(キルスティン・ダンストは可愛いと思うぞ!)か弱くて、守られキャラだったんです。

でも今作のMJはま~最近の文化と言うか女もつえ~ぞ!と言うのを地で行く感じなんです。

個人的にツボだったのはドレスコードをしてきたピーターに対して中指をたててるシーンですね。

あれは嫉妬なのかネタにしてるのかはわかりませんが、妙にグッと来ましたね。

アクションに物足りなさを感じてしまう

(もっとネッドとのコンビプレーが観たかったが次作に期待)

成長物語としては文句なしの出来なんですけど、アクション面はちと物足りません。

これといって心踊る戦闘シーンとか記憶に残るアションはなかったんですよね~。

よくも悪くも無難というか別にこれと言ってけなす所も褒める所もないんです。

トニーお手製のスーツは機能盛りだくさんで見ごたえあるし、AIのカレンもいいキャラしてて悪くないんですけれども・・・もっとこう斬新なアクションに活かしせなかったのかな~と思いましてね。

あ、でも割れた船を糸で繋ごうとするシーンがサム・ライミが版リスペクト(2の列車止める所)だったり、ラストでヴァルチャーが死にかけるのを助けるのがサム・ライミ版でゴブリンを死なせてしまうのと対比になってたりするのも良かったですけどね(エレベーターでのスパイダーキスをカレンがピーターに迫るシーンもグー)

終盤らへんがちょっと煮詰め不足!

(マイケル・キートンの迫力が半端なかったです、流石元祖パットマン)

終盤でトゥームスに正体がバレてしまうシーンなんですけれども・・・そこでピーターは一旦車から降りてしまうんです。

でもさあ冷静に考えればよ。

スーツを持っていないヴァルチャーなんてハゲかけたおっさんなわけですよ、それに対してピーターはスーツがなくたってバスを持ち上げられるくらいの怪力モンスターなわけで。

そんな怪物に生身と拳銃で脅しをかけようと思ったトゥームスもおバカだし、その場で取り押さえなかったピーターはもっとおバカに感じちゃうんですよね。

そりゃトゥームスがトニーのスーツよろしくワンタッチで呼び寄せるガジェットを持ち歩いてる可能性もなくはないですけどね。

でもそんな好意的な解釈をするよりもピーターは何故一旦車を降りたんだろう?って思っちゃいましたね~。

それに命をかけてまでピーターがトゥームスを止めに入る動悸もちょっぴり弱い気がします。

一旦はトゥームスの事を忘れて学生に戻ったのに、何故脅されて心境に変化が起きたのがわかりません。

ここらへんがもーちょっと煮詰められてたらもっとスッキリできたんですけどね。

まとめ

面白いけれどもカップルにはオススメできない作品ですね。

男の子が熱くなれる分、女の子は退屈に感じちゃう可能性が高いです。

まあ、女の子がマーベル・シネマティック・ユニバースのファンだったら文句なしなんだけれどもそんな女の子いるかなあ、いてほしいなあ。

しかしトム・ホランドの凶悪的なまでのベビーフェイス&キュートフェイスはたまりませんな(危険な発言)

ぶっちゃけトム・ホランドの可愛いところが観たいお姉様方はそれだけでも観る価値ありですよ。

 

1,2は名作ですが個人的に3も嫌いじゃなかったり。

アクションの出来はホームカミング含めても素晴らしい出来です。

ただ僕のピーター像とかけ離れちゃってるだけなのです。

関連記事

One Response to “[今度のMJは]スパイダーマン ホームカミング ネタバレ 感想[可愛いぞ!]”

  1. シンジン より:

    こんばんは&お久しぶりです。去年から「MCU」を観なくなってしまったので「ホームカミング」と「バトルロイヤル」で久しぶりに「MCU」を視聴しました。「ホームカミング」は今のところスタークの出演シーンを中心に「吹き替え」で観ました。

    「シビルウォー」の後なのでスタークの上から目線な態度がたくさん出てきたのは予想通りでしたが「アイアンマン3」でスーツに頼らずに戦った経験があったからこその言葉もあったので(やっぱりMCUを作っているスタッフはファンの人たちがにやりとなるような話を丁寧に作ってくれているんだな。)と嬉しくなりました(しんみり)

    「シビルウォー」ではスティーブの後ろ姿を見送ったスタークが、今回はピーターの後ろ姿を見送る話になっていたので(スタークにはペッパーやローデイーそしてハッピーしか周りにいてくれないんだな。)と考えてしまいました(しんみり part2) 

    小学生のころから「アメイジング以外の映画」「TVアニメ」「池上遼一さんと山中あきらさんが描いた漫画版」「USJで購入したアメコミ」でスパイダーマンが一人で強敵と戦う姿をずっと観てきたので「ホームカミング」では他のヒーローであるスタークが作ってくれたスーツで町をパトロールする場面は(ピーターに戦友と呼べる人が出来たんだな。)と不思議な気持ちになりました(しんみり part3)

    (ピーターは正体を隠すのが上手い。)というイメージを持っていたので、この映画では(お前隠すんヘタやな!!!!!)とツッコミを入れたくなりました(爆)

    「インフィニティウォー」は観に行く予定がなかったのでwikiで結末を読みました。「日本のヒーロー物」のように(思いの強さで新しい力に目覚める。)という展開をやらない「アメコミヒーロー映画」だからこそ出来るラストになっているような気がします。

    PS この映画で初めてMJを(可愛い。)と思いました(爆 part2)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ