映画館であった珍事件

こんにちは!ゆでたまです。

映画好きというと映画館が好きそうなイメージがありますが・・・実は僕はどちらかと言えば映画館は苦手です。

基本的に映画って1人で観たいんですよね~(ボッチ思考)あ、一応のりたまという例外はいたな。

ということで今日は僕が映画館で体験した珍事件を紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

映画館でおばちゃんのマジバトルが勃発!?

あれは僕が高校生か大学生の頃だったと思います。

友達と楽しみにしていた映画(ハムナプトラ2だったかな?)を観に映画館に言ったわけですよ。

ハムナプトラと言えばコメディとアクションの塩加減が絶妙で個人的には「インディージョーンズシリーズ」にも引けをとらないと思ってす。

そんでま~友達とワクテカしながら「今回はどんな映画かな~?」なんて話をしていたら・・・

何やら向こうの方から1人のおばちゃんが物凄い形相でコチラに向かってきたんです。

おばちゃん
ちょっとお兄ちゃん!大変だよ!
ゆでたま
え?なんですか?
おばちゃん
あっちでケンカになってるんだよ、止めてあげて!

・・・なんで僕が?僕とおばさんってシリアイデシタッケ?

と思いつつそっちに向かってみたら・・・

なんとそこではおばちゃん二人がベアナックルで壮絶な殴り合いをしていたんです。

あまりの迫力に若干気圧されつつもあまりにもマジパンチの応酬に「コレはまずい」と思い、間に割って入ったんです。

無関係な僕の存在に気を使ったのか拳を引っ込めたおばちゃんズに僕も安心したのもつかの間。

少し距離を離しただけでまた壮絶なファイトに戻ってしまったんですよね。

一呼吸あったので僕も冷静さを取り戻して「ハイハイ、止めましょうね~。冷静に話し合いましょう~。」なんて呑気な感じで間にまた割って入ったら・・・

おばちゃんズの片割れの拳がモロに僕のテンプルを直撃

とっさに僕が首を捻ったのも相まって僕の眼鏡は遠くにすっ飛んでいきました。

おばちゃんズ:「あ・・・」

いや・・・「あ」じゃなくてね。

ちょうどその時に映画館の店員が駆けつけてきたのでおばちゃんズのバトルの仲裁に入っていき、僕は撤退。でもおばちゃんズはその後もまだ激しい口論を続けていました。

まあ、正直おばちゃんのマジパンチと言えど大して痛くはなかったですよ。

でもメガネぶっ飛ばされてその眼鏡が机?の角にぶつかりレンズに思いっきり傷がついてたんですよね。

お陰で見えづらい視界の中、ケンカの仲裁に入ってぶん殴られたというモヤモヤ下気持ちで映画を観ることに・・・(´Д⊂ヽ

レイトショーにいったら怪しいカップルにのりたまが・・・!?

これは割と最近の話です、と言っても何年か前のことですが。

僕とのりたまは「猿の惑星 創世記」を観に行ったんですよ。

前作が猿の惑星シリーズでも一番好きな作品だったので必死にのりたまを説得してようやく一緒にレイトで観ることになったんです(のりたまは猿には興味なかったらしい)

レイトなので当然客はまばらで、いたのは僕とのりたまと女性二人組と男女のカップルです。

「人少ないから静かに観れるな~」って思ってたらその男女のカップルが予告編の最中にずっと喋ってるんですよね。

人がいないせいでよく声が響くので若干の苛立ちを覚えつつも、上映が始まれば静かになると思ってたんですよね。

ところが上映が始まってもずーーーとペチャクチャ話しているんですよ。

しかも話の内容が結構聞こえてくるんですけど・・・

ほとんどがシモネタ・・・(‘A`)

暗闇に目が慣れてきて男の方をみたら結構な年で女性の方は物凄いケバケバしさ。

あ、これはアレか。夜のおねーちゃんとおじさまか。「猿の惑星」に興味があって来たんじゃないのね。

納得しつつも流石にこれでは映画が楽しめないので店員でも呼ぼうかな~と思ってたらのりたまが思いもよらない行動に!?

のりたま
うるせーんだよ!静かにしろや!!
ゆでたま
!!??
カップル
!!??

映画の音声を遥かに超えるデカイ声でのりたまがキレてました。

何があっても絶対に人前で怒ることのないのりたまが阿修羅のような顔をしながらカップルの方に顔を向けて怒号を発してたのです(゚Д゚;)

ヤバイ、ケンカになる!?

かと思ったらカップルの方は静かに会場を去っていきました(ホッ・・・)

しかし後にも先にもあんなに人前で怒るのりたまは見たことなかったです。

でも後で理由を聞いたら「月のものが来ててつい・・・*ノω・*)テヘ」と言ってました。

シビル・ウォーを観に行ったら・・・

連続で珍事件だったので最後はホッコリエピソードで締めたいと思います。

シビル・ウォーは「キャプテン・アメリカ」のシリーズ物ではあるんですけど、中身的にはアベンジャーズの最新作みたいなもんなんですよ。

マーベルシリーズの集大成とも言える作品だったので本当に楽しみにしていたんですよね。

そんで上映初日に映画館にいったら予想通りの人混み。

人混みは苦手だけど映画が楽しみでしょうがなかったので、その時は気にもなりませんでした。

そんでチケットを買っていざ席につくと隣に外国の方がやってきたのです。

ゆでたま
(本国ではお祭り騒ぎの作品だもんな、やっぱ見に来るよね! )

なんて思ってたら・・・右隣にも外国の方が!?

ゆでたま
(お、外国人にサンドイッチにされるのも悪くない、外国に来た気分になれるじゃないか! )

なんて思って予告編が始まると・・・上からも英語が!?

ゆでたま
(・・・え?上の方も外国人!? )

っとここまでかけばわかりますよね。

ええ、そうです。正面の人も外国人でした(しかもメッチャ美男美女のカップル!)

まさかシビル・ウォーを観に行ったら四方を外国人に囲まれるとは思いませんでしたよ。

でもアレですね、英語だと上映中に話されても気が散らないんですね。

言葉の意味がわからないのと映画のことを話してるからなんでしょうかね?(所々聞き取れた)

何にせよ、外国人に囲まれてシビルウォーを観るのは悪い気はしなかったというお話でした。

ちなみに隣の外国人の方は非常に礼儀正しくて、食べ物を綺麗に片付けて帰っていきましたよ。

当たり前のことかもしれないけど意外と出来ない人多いんですよね。

ということで映画を観終わったら必ずチケットや食べ物のゴミを置いていかないようにしましょう!

終わり!

1も好きだけどやっぱり2が一番好き!

創世記は正直あまりおもしろくなかった。

インフィニティウォーはこの面白さをこえられるのかな?

スポンサードリンク

4 Responses to “映画館であった珍事件”

  1. 中村 より:

    こんばんは中村です。

    私は逆に映画館が凄く好きでよく行くのですが、最近今までで1番面白い出来事がありました。

    確か「ブリジット・ジョーンズの日記」を観に行った時だったと思うのですが、爽やかにエンドロールを迎えてさあ帰るかと思った時、後ろの席に座っていたカップルの片方の人が立ち上がった時に残りのポップコーン(結構残ってた)をおぼんから落としてしまい、まだ座ってたいた私は頭からポップコーンを被ってしまったのです。さしづめポップコーンシャワーですね。いいネタができてよかったですが、最近はおぼんに窪みができてるのも多いので是非あの映画館もそれに変えて欲しいものです。

    • ゆでたま より:

      中村さんこんばんは!

      ちょっとした災難でしたね(^^;)
      きっとカップルの方は相当焦ったのではないでしょうか?僕だったら平謝り&土下座もじさないレベルで焦ってしまうと思います。
      くぼみのあるのはいいですね~、それならぶちまけてしまうことはまずないでしょう!

  2. もぶ より:

    こんばんわ~
    映画館では多くても年10本観るくらいなので幸運にも今までの人生で我慢できないほど酷い人たちと同席したことはないです。

    だからこの手のブログで(もちろん自分が当事者になりたくないですが)珍事件コーナーがあると興味本位でつい見てしまいます。劇場で年百本単位でご覧になってる方などは嫌でも遭遇しちゃうでしょうし。

    こんな自分ですけどこれは劇場で観たいなって作品を環境のいい映画館で楽しむのは大好きなので、劇場に行くのは(マナーの悪い客に会うのが嫌で)億劫だなって人を見ると凄く残念だなって思いますし、自分もいつかそうなるのではないかと不安を感じたりもします。

    • ゆでたま より:

      もぶさんこんばんは!

      僕も映画館は年に10~20本程度なので同じくらいですね!
      珍事件シリーズは面白いですよね~、ブログをやる人だとリアルな話なので余計面白いです。
      関係ないけど僕はNGシーンとか俳優さんのお茶目なオフシーンも大好きです(^o^)

      そうなんですよね~、僕もそれが嫌で映画館行くのが苦手なんですよ。
      特に映画は滅茶苦茶面白い!ってパターンでそういうのに遭遇しちゃうともう・・・泣けます。
      劇場の迫力とかみんなで笑ったり、シーンとしたりする一体感は好きなんですけどね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ