伝説の暗殺者再び!「ジョン・ウィック:チャプター2」の予告編キター!

 

前作「ジョン・ウィック」ではガン=カタならぬガンフーという新感覚アクションを披露してハリウッドに返り咲いた我らがキアヌ・リーブス。

伝説と言う割には意外と抜けているところの多いお茶目なジョン・ウィックですが・・・今作はどういったアクションを披露してくれるのでしょうか。

また前作の魅力溢れる暗殺者の住む「コンチネンタル・ホテル」は出番が少ない上に詳細も明かされていないので、そこら辺もより掘り下げていってくれほしいですね。

そういえば今作にはローレンス・フィッシュバーンが出演してるけど、キアヌとはマトリックス以来の共演でしょうか。

マトリックスネタを会話にでもちょっぴり仕込んでもらえたら嬉しいですね。

ad91b5a10b7edbe2e9ce7418070c931d

スポンサードリンク

前作では犬の復讐で戦っていました。

今作のワンちゃんは前作ファンへのサービスかはたまたストーリーに関わるのか?

「ジョン・ウィック」では銃の扱いに定評があったけど、実はこんな秘密のトレーニングを行っていたようです。

 

プロ顔負け・・・かどうかはわからないけど、素人目にはかなり本格的に見えます。

どうでもいいけど拳銃って男の子なら一度は実弾を撃ってみたくなりますよね。

面白かったけど言うほどは・・・という映画でした。

でも光る所はあったので2に期待です。

ローレンス・フィッシュバーンはこのシリーズのイメージが僕はまだ抜けません。

スポンサードリンク

4 Responses to “伝説の暗殺者再び!「ジョン・ウィック:チャプター2」の予告編キター!”

  1. もぶ より:

    ウィック2、前作よりも派手目で面白そうですね。
    一作目はゆでたまさんと同じく、素材はいい佳作って印象だったので…

    下の動画は公開されたときに凄く話題になってましたね。
    ガンフーはもちろん映画用の架空技能ですけど、よくよく見るとそれ以外の目立たない場所でリーブスが実用的なテクニックをさりげなく実践してるのが細かいというか、身体に染みつくまで訓練したんだろうな…的なことが伺える映画でした。

    因みに動画のトレーニングコースは銃に興味がある人たちには有名な場所で、近年ハリウッドスターたちが撮影前の訓練でよく利用されているのです。(関連動画にもありますが、メル・ギブソンもプライベートでちょくちょく訪れているそうな)

    この二人の新作はどちらも期待できそうで楽しみですね!

    • ゆでたま より:

      そうですね~、前作は予算もあるのかわりと地味でしたね。
      今作はドンパチ派手でオレツエーなキアヌを期待したいものです!

      うぉおお、もぶさんメッチャ詳しいですね!
      こーいう役者さんの苦労とか努力をを知ると映画の面白さが1,3倍増しくらいになりますよね。

      メル・ギブソンの動画見ました!
      デザート・イーグルの反動って凄いとは聞いてたけど(ゲームバイオ2の攻略本情報)本当に凄まじいですね(^^;)
      僕もメル・ギブソンは大好きなので新作出るたびにワクワクします!

  2. もぶ より:

    あ、バイオ2の攻略本って短い小説とか遊び心溢れるコラムコーナーとかが充実しているやつでしょうか?
    今、実家の押し入れに仕舞われている昔集めた攻略本の山を読み返したい気分に猛烈に襲われています。

    今更ながら別記事のゲーム版バイオの感想を読んだのですがまたしても激しく共感してしまいまして。
    自分も5まではやり込んだんですけど6でちょっとついていけなくなったクチで…でもストーリーは久しぶりに力入ってたんですよねぇ。
    あとグラは進歩してるのに最近のクリーチャーデザインに馴染めないというか。(見た目も挙動もRPG出身のモンスターみたいで)

    しかしバイオって元々そっちの素養がある人を(銃とかB級クリーチャーに興味がある子供を)さらなる泥沼に引きずり込むまさに夢のようなゲームでしたよね(過去形)
    一時期昔の映画を見る度、「ああバイオのあれはこれが元ネタだったのか」と納得する日々だったのを思い出します。
    7は久しぶりに原点回帰するみたいで世間の期待が高まってますが、激しく3D酔いする自分には縁がなさそうな雰囲気でトホホって感じです。もはや2のリメイクが決定したことだけが生きがいという…

    そしてゆでたまさん一時期日本一だったとは…流石です。
    昔上手い人たちが動画や攻略情報を載せてたわいわい芸〇館ってサイトがあって凄く重宝してたんですが、もしやそこの出身でしょうか?

    • ゆでたま より:

      おぉおおお、あの攻略本を知っている人がいるとは!?
      そうです、それです。
      小説とか開発者がヨーヨーにハマってたとかレオンの脇毛が実は作られているとかのコラムがあったやつです。

      あぁ、ブログ開設初期の方に書いた記事ですね!こういった反応があるならもっとゲーム系記事ももっとかいてみようかなあ(^^)
      スッゲー共感できます。
      6は同窓会的な楽しさや古くからのファンへのサービスも多いだけにシステム周りや敵クリーチャーの造詣は本当に残念ですね。
      そもそも初期のクリーチャーの人に似た人ならざる恐怖がシリーズを追う事にドンドン薄れてったんですよね。
      もちろん、カプコンもそれはわかっているのか「根源的な恐怖」を復活させようとした努力は垣間見れるんですが・・・(バイオ4の村人とか)
      まあ、僕達が大人になってクリーチャーに対する免疫ができたり、CGが綺麗になった弊害で「荒いCGの見にくい恐さ」が失われたのもあると思います。
      元にサイレントヒル2だか3ではキレイなCGにできるのにあえてちょっと汚目なCGにして恐怖を演出してましたからね。
      メーカーが良い物を作れなくなってきてると言うのは事実かもしれませんが、CGの進歩が逆に恐怖を損なう原因を作り出しているのかもしれませんね。
      何にせよ「面白いゲームがしたい」一ユーザーとしては悲しいものです(^^;)

      バイオの銃とかB級クリーチャーの影響わかります(笑)
      僕もバイオの影響でホラー映画やモンスター映画とかエアガンにハマったものですよ。
      エアガンなんて必死こいてバイトしてお金貯めて買ってましたよ(^^;)
      映画の元ネタも探しては喜んでましたね~。

      7は僕も半端なく3D酔いするので無理です・・・
      6ですら結構酔ってたのでもはや絶望的ですよ(ーー;)
      2のリメイク決定したんですか!!
      それは楽しみですね!僕も2からバイオにハマった口ですので。

      あの時は気が狂ってるのかってくらいやりこんでましたからね~(^^;)
      当時はネット環境すらなくてネットするのにも100円10分とかのゲームショップ?のネットを借りてたくらいですので、僕はそこの出身ではないですね。
      ただ・・・様々な人のチャートを参考にしてはいたので、そのサイトを見てた可能性はあります。
      日本一とはいえ、当時はやりこみをする人自体が今より圧倒的に少なかった上にファミ通へ投稿する人もいなかったと思います。
      なので僕以外にも隠れた日本一は絶対何人かいたと思いますよ(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ