韓国初のゾンビ映画!?「釜山行き train to busan」が面白そう!

 

突如大量発生したゾンビに追われ、生き残った面々が唯一の安全地帯かもしれない釜山(プサン)へと向う・・・といったあらすじの映画です。

韓国では珍しい?というか初のゾンビ映画かもしれません。

「ワールド・ウォーZ」を連想させるゾンビの大群+ありがちな親子愛と言った感じで目新しさはないものの・・・

スプラッター表現やエゲツないストーリー展開に定評のある韓国なので凡庸な映画で終わってないと信じたいですね。

ただ・・・「D-WARS」のような大作に見せかけたトンデモない駄作の例もあるので油断はできません。

日本公開はまだ未定なので首を長~~~くして待ちましょう。

6f7747d167fccfcfa1fc26e7bfd4adfc

狭い車内でゾンビの大群に・・・

25499ad235aaae94f8a1221180c1e3ef

幼気な少女に・・・

68f05aff2f59d2de6194222460c5e248

とっても頼りになりそうなお父ちゃん

どう見てもワールド・ウォーZです。本当にあr・・・

ワールド・ウォーZ (字幕版)

ゾンビの壁超えシーンがインパク台な映画。

続編が今度出るらしい。

D-WARS ディー・ウォーズ デラックス・コレクターズ エディション(2枚組) [DVD]

よくもまーここまでツマラナク出来たもんだと逆に感心する映画。

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]

何となく予告の少女がこの映画を連想させた。

名作です。

スポンサードリンク

3 Responses to “韓国初のゾンビ映画!?「釜山行き train to busan」が面白そう!”

  1. 中村 より:

    今晩は中村です。

    今日この映画(結局、新感染というふざけたタイトルになりましたが)を観て来たんですが、確か前に記事に載せてたなと思ってコメントします。
    これはホントにすごく面白い映画でしたよ。
    よくある銃のアクション+ゾンビのホラーだけでは終わらない、社会派ドラマ、家族愛、友人愛、アクション、ホラー様々な要素が2時間にぎっしりと詰まった素晴らしい映画だった様に思います。
    こちらの劇場ではいつもならエンドロールでチラホラ帰る人を見るところ今回は最後まで殆ど皆残っていて暫く立とうとしなかった程でした。

    思わず笑ってしまう様なシーンや腹立たしくなる程胸糞悪い展開なども切り替えがしっかりしていてそこもプラス要素ですね。

    実は今日「ダンケルク」と「ワンダーウーマン」も一緒に観たのですがその二つも良かったんですけど一緒に行った人皆「新感染」の話がしたいのかそればかりになりました。ホントにその二つも良かったんですけどね。

    様々な人が観るのだから当然自分はあまり…と言う人もいるかとは思いますが、個人的には今年劇場に観に行った映画の中でもトップクラスの出来たと感じましたのでもし未見であればと思いネタバレにならない程度でコメントしました。
    アイアムアヒーローの劇場版で満足出来なかった人でもコレならって人も多いんじゃないですかね。

    あ、でもグロテスクな表現はそんなにないのでそこを目的に行くのはオススメ出来ませんね。

    いやー久々にテンションが上がってしまいました笑

    • ゆでたま より:

      中村さん、こんばんは!

      おっと新感染公開されてましたね。
      予告を観た時に凄い面白そうで、DVDは絶対借りよ~とか思ってけどそこまで出来が良いんですか!
      社会派ドラマ、家族愛、友人愛、アクション、ホラー全てをぶち込んで、かつ綺麗にまとめ上げてるってことなんですかね?
      エンドロールって毎回ネタを込めてるマーベル作品ですらポツポツと人が出ていくのも考えると・・・うーむ、これはゾンビ映画の名作誕生の予感!

      なんと『ダンケルク』、『ワンダーウーマン』のビッグな2タイトルから話題を奪うとは・・・。
      しかも中村さんがそこまでテンション上がるほどの作品となるともう観なきゃ損損ですな。
      今週末に観てきやすんでそん時はまた記事書いて上げますね!

  2. より:

    ゆでたまさん、こんばんは!

    もうご覧になったでしょうか?中村さんの書かれているように
    ゾンビ+パニック、家族愛、社会派とちゃんとエンタメとして
    面白かったです。オープニングに予兆があって、家族愛は映画の主役?の親子で、ゾンビが発生して…とちゃんとストーリーの流れがあるのでごちゃごちゃせず、全てぶちこんだ闇鍋みたいな感じでは無いですよ(笑)。ゾンビものに慣れているゆでたまさんからすれば、お約束かもしれませんが私は滅多に見ないのでアタリでした。韓国映画は邦画より、映画として作りがしっかりしてます。映像も安っぽくないし、演出も盛り上げるところは盛り上げて締めるところは締める、みたいな感じなので嘘っぽくならないですね。ここは見習うべきかと思います。ゆでたまさんの意見も楽しみにしてますね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ