ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ ネタバレ 感想

ポスター/スチール写真 A4 パターンC ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ 光沢プリント

あらすじ

ゾンビが蔓延した近未来の世界を舞台に、生き残った人々の壮絶な戦いを描いたオーストラリア製アクションホラー。「マッドマックス」を彷彿させる世界観やスピード感あふれるストーリー展開、これまでのゾンビ映画にはなかった独創的な設定で、世界各地の映画祭で話題を集めた。近未来、突如として謎の流星群が地球に降り注ぎ、人類のほとんどがゾンビと化した。妻子を亡くした整備工バリーは同じような境遇の人々に助けられ、彼らが所有するガレージに避難する。隕石の影響で燃料資源が使えなくなり困り果てていた人々は、やがてゾンビの血液がガソリンの代替になることを発見する。一方、バリーの妹ブルックはマッドサイエンティストに捕らえられ、ゾンビエキスを注入して強化人間をつくる実験の被験者にされてしまう。これが長編デビュー作となるキア&トリスタン・ローチ=ターナー兄弟が手がけた。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち 2016」上映作品。(映画.comより)

予告

 

100点

マッドマックスを軽く凌駕している

ゾンビ映画って最近飽和気味というかちょっと種類出すぎて満腹気味だったんですよ。

だから今度上映のイライジャ・ウッド主演の「ゾンビスクール」とか予告観ても全然面白そうじゃないし・・・

ネタ切れ感マックスで全くワクワクしないんですよね。(でも観には行く)

だからこの映画も「まーたしょーもないゾンビものかー」なんて舐めてたんですけど・・・ごめんなさいクッソ面白かったです。

スポンサードリンク

ストレスフリーで爽快感抜群

b3739b53430b74fb77263b4d47929162

ゾンビ映画によくあるかったるい痴話喧嘩やくだらない会話シーンは殆ど無く、テンプレのような超絶足手まといとかウザキャラもいない。

キャラのバックボーンを描くためのお涙頂戴要素みたいなのは前半の数十分でサクッと片付けてしまうんだよね。

でもだからといって登場人物が軽くなる事もなく、どいつもこいつも中々個性的。

しかもみんな飲み込みが早く自己犠牲も厭わない漢ばかりというね。

特にベニーはその顔の濃さも相まって本当に良いキャラだった。

ゾンビとのバトルはスローシーンを多用して躍動感や勢いを上手く出していて低予算を感じさせないしゾンビもメイクがかなりしっかりしてる。

また撮るシーンがいちいちスピーディでコミカルだから全然退屈しない、低予算っぽさをコミカル路線にすることで安っぽさを逆手にとってる感じ。

前半はバリー(ジェイ・ギャラガー)やベニー(レオン・バーチル)のゾンビとの遭遇や家族友人を失う悲しみをザックリ撮り、そこから武装してガレージに集まった生き残りたちが脱出する話だ。

ぶっちゃけ一言で言えば「ドーン・オブ・ザ・デッド」の舞台をショッピングモールからガレージに変えただけ。

だがこの映画の本番は後半からだ。

後半ではマッド・サイエンティストに囚われたバリーの妹のブルック(ビアンカ・ブラッドリー)が何やら人体実験を受けているのだけど、その副作用でブルックはゾンビを操れるようになる。

マッド・サイエンティストに囚われたブルックがその能力をフルに活かしての脱出劇は笑えてカッコいい。(意味は見れば分かる)

そしてその後の軍VSブルックの操るゾンビという熱すぎる戦いがもう最高すぎて・・・あぁ、生きててよかったーと思えるほどですよ( ;∀;)

ちなみにマッド・サイエンティストの雰囲気が「ムカデ人間」のヨーゼフ・ハイター博士ぽい。

ネクロマンサーブルックがかっこ良すぎる

0e73f21c96bc81fcdedeef51d36a31d2

とにかくブルックのゾンビを操るビジュアルがめちゃカッコいいんです。

ゾンビを操る時は目だけゾンビ化してゾンビの視界をジャックできる(複数体操ることも可能)んだけど操る様がもうマーベルヒーロー並の貫禄。

マーベルゾンビーズ 」を実写化するためにも是非マーベルと専属契約を結んでほしいものですな(´∀`)

あとゾンビを操る設定とか視界ジャックはモロにゲームの「サイレン」そっくりなんだけど監督はサイレンを知ってるのかな?

ちなみにゲームのサイレンは普段ゲームやらない人には相当難しいマゾゲーです。

でもストーリーは本当に面白いから時間ある時にネットで攻略でも見ながらやってみてください。

あ、主演市川由衣でサイレンの映画も出てますけど一言で言うなら糞の極みです。

ストーリーの結末

結末をザックリ書くと捉えられたブルックを救出したは良いが、ベニーは撃たれて瀕死になった上に軍に捕まる。

絶体絶命の状態でベニーは自らゾンビ化しブルックに操らせリーダー以外を殲滅。

だがブルックもリーダーに撃たれ倒れる。

怒りのブーメランアタックを受けた軍のリーダーはガスマスクがとれゾンビウィルスに感染。(この世界では空気感染する人としない人がいる)

自暴自棄になった軍人はバリーとの一騎打ちをするが、顔面を大やけどさせられた挙句復活したブルックの操るゾンビに食われる。

こうして誕生したゾンビを自由自在に操るブルックと主人公の最強兄弟が爆誕。

通りすがりの軍をカッコよく強襲して終わる。

監督は日本好き?

ブルックの容姿はまんまトゥームレイダーのララ・クロフトだしゾンビを操ったり視界ジャックの元ネタはサイレンによく似てる。

しかも脈絡もなく刀が登場したりするしね。

どれも日本産のものが多いのでもしかしたら監督は日本好きなのかもしれない。

だとしたら是非サイレンの映画化をお願いしたい所。

外国を舞台にした「SIREN: New Translation」もあることだし。

まとめ

マジでマッドなゾンビ映画でした。

低予算ならではのこじんまりとしたセットばかりだけどそれを全く感じさせない男気溢れる作りです。

舞台セットはほぼ森とガレージと一軒家だけだし、登場人物もゾンビものにしては少ない方でしょう。

それでこれだけ面白くできるんだから低予算映画はやめられないですよね(´▽`)

個人的にビアンカ・ブラッドリーがどストライクだったので続編でないかな~。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ