クリード チャンプを継ぐ男 ネタバレ 感想

クリード チャンプを継ぐ男 (ムビチケオンライン券)

あらすじ

シルベスター・スタローンを一躍スターに押し上げた代名詞「ロッキー」シリーズの新たな物語。ロッキーのライバルであり盟友であったアポロ・クリードの息子アドニス・ジョンソンが主人公となり、スタローン演じるロッキーもセコンドとして登場する。自分が生まれる前に死んでしまったため、父アポロ・クリードについて良く知らないまま育ったアドニスだったが、彼には父から受け継いだボクシングの才能があった。亡き父が伝説的な戦いを繰り広げたフィラデルフィアの地に降り立ったアドニスは、父と死闘を繰り広げた男、ロッキー・バルボアにトレーナーになってほしいと頼む。ボクシングから身を引いていたロッキーは、アドニスの中にアポロと同じ強さを見出し、トレーナー役を引き受ける。アドニス役は「フルートベール駅で」の演技が高く評価されたマイケル・B・ジョーダン。同じく「フルートベール駅で」で注目された新鋭ライアン・クーグラーが、監督・脚本を務めた。(映画.comより)

予告

 

90点

涙がちょちょぎれました

ロッキーシリーズは大体観てはいるけれど全く記憶にないんですよね。

かろうじてファイナルを覚えてるかな~くらいなので、この作品の前評判がいいとは聞いていたものの楽しめるか不安だったんですよ。

実際映画内でポーリーやエイドリアンなどの名前が出てきて顔も性格も相関図も分からなかったです。

ただそういった続編物の部分を差し引いてもメチャクチャ面白かったです。

もちろん今までのシリーズを復習してから見たほうがより感動は大きいでしょう。

スポンサードリンク

アドニスの決心とロッキーとの出会い

アドニス(マイケル・B・ジョーダン)はアポロの過ちから生まれた子供ということもあり、幼少期は施設を転々としたり少年院に入ったりして過ごした。

それでもメアリーのお陰もありいい就職先や昇進に裕福な暮らしを手に入れるにまでなっている。

ただアドニス本人は仕事の合間に草試合をするくらいボクシングが大好きで、しかも自分の父親やロッキーに憧れや親しみを感じている。

クリードの息子に生まれた重荷を感じてないわけではないだろうけど、本人はむしろ誇りに思ってる部分もあっただろうと思う。

でも周りがそうはみてくれないので嬉々としてクリードの名を名乗れないしジムに行く事さえ難しい。

そういったしがらみやボクシングをやりたい事もあり、ロッキーのところに弟子入りを頼みに行く事になるが、最初は断られる。

スポンサードリンク

おじいちゃんになったロッキー

結局嫌味を感じさせないアドニスのしつこさに折れてコーチを受け入れるロッキー。

そこでのロッキーが可愛かったですね。

コーチをする際にロッキーがトレーニングメニューを紙に書くんだけど、それをアドニスがスマホでパシャってして去っていくんだけど、ロッキーは「メモはいらんの?亡くしたらどうするん?」と聞くとアドニスが「あぁ、クラウド(バックアップ)にあるから大丈夫!」と答える。

ロッキーが「くらうど(雲)(´・ω・`)?」と現代機器についていけてない感じが最高に萌えましたね。

トレーニングも順調でついでに住んでるアパートの下のミュージシャンのビアンカ(テッサ・トンプソン)ともいい仲になって、すべてが順調かと思っていた矢先にロッキーのガンが判明する。

身内の闘病生活を知っていた為、闘病よりも死を覚悟するロッキーにぼろっくそに泣かされましたね。

ファイナルでのロッキーは老いてたとはいえまだお父さんに見えた。

それが今ではもうしわくちゃで白髪交じりのおじいちゃんのようになってる。

それだけでも泣けてくるのに更にガンとか・・・(´;ω;`)

しかも自分自身でもショックだったのか、アドニスを思いやるつもりで言った台詞が彼を傷つけてしまう。

でも心では通じ合っている二人は何だかんだやり直し、共にそれぞれの戦場にたつ事を決意。

共に戦う事の力強さ

ただでさえ今度の対戦相手はチャンプなのに、化学療法を受け入れるってなると中々ジムにも顔を出せない。

でもそこはアドニスが病院内でトレーニングをする事で解決した。

階段を上り下りしたり病室で腕立てしたりと二人ともそれぞれの戦いに備えて頑張ってるんだな~とホッコリできる。

そして試合前の記者会見でチャンプのいや~な姿を観せられる事により我々視聴者の怒りボルテージ&テンションを最大限高めてくれる。

この映画ってみんなそれぞれ何かと戦っているんですよね。

ビアンカはいつか訪れる無音の世界に備えているし、ロッキーは病気とそしてアドニスは自分の存在が過ちでない事を証明するために。

みな戦う理由は違えど関係を持ち、お互いを支えあう事で一人では辛い戦いを乗り越えられる。

ベタだけどやっぱりこういうのっていいなあって思える。

まとめ

ヒューマンドラマとしては文句なしの出来だし、試合もド迫力の長回しがちょくちょくあり手に汗握れて最高ですね。

ロッキーのテーマソングを流す場面も上手くて、観客のテンションを刺激するツボがよくわかってるな~って思います。

登場人物もみんな憎めないいいやつばっかなんですよね。

アドニスは金持ちのボンボンで頭も性格も良くて更にボクシングも上手い完璧超人なのに親近感ももてるし、宿敵のコンランも最終的には相手の実力を認め称える事のできるいいファイターでした。

途中まではコイツなんかボロックソにやられちまえ~(`皿´)とか思ってたんですけどね(;´∀`)

ただビアンカはいてもいなくてもよかったんじゃ・・・って思わなくもないです。

老いたロッキーをみるのは辛くて悲しいけど、感動とエンタメを提供し続けてくれるスタローンは僕たちの永遠のヒーローです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ