アメリカン・ハッスル ネタバレ 感想

アメリカン・ハッスル スペシャル・プライス [DVD]

あらすじ

「世界にひとつのプレイブック」「ザ・ファイター」のデビッド・O・ラッセル監督が、1970年代アメリカで起こった収賄スキャンダル「アブスキャム事件」を映画化。詐欺師がFBIに協力し、おとり捜査によって真相を暴いた実話を、「ザ・ファイター」のクリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、「世界にひとつのプレイブック」のブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ラッセル監督作初参加のジェレミー・レナーら豪華俳優陣を迎えて描いた。79年、ラスべガスやマイアミに続くカジノタウンとして開発中のニュージャージー州アトランティックシティ。詐欺師のローゼンフェルドを逮捕したFBI捜査官のディマーソは、司法取引でローゼンフェルドを捜査に協力させ、偽のアラブの大富豪をエサにした巧妙なおとり捜査によって、カジノの利権に絡んだ大物汚職政治家たちを逮捕していく。(映画.comより)

予告

 

80点

笑いあり涙ありの超感動作(誇張あり)

いやー、ノンフィクションとは思えないぶっ飛んだ映画でした。

最初は実話をベースにした詐欺系の映画だから騙し騙されの応酬が観れるのかな~と思っていたので、全然違う方向に話がすっ飛んでいってびっくりしました。

スポンサードリンク

出演者達が本気出しすぎ

まず真っ先に目を引くのはアーヴィングの(クリスチャン・ベイル)突き出た腹と禿げ上がった頭!

もはやダークナイトの面影はミリ単位もない。

しかも一応天才詐欺師という設定なんだけど全くそんな雰囲気は感じない。

どちらかというとすぐにキョドってアタフタしているだけの中年にみえちゃう。

でもどこか憎めないし応援したくなっちゃうのはクリスチャン・ベイルの演技力と魅力のお陰だろうか。

あのお姫様が・・・!

そんな彼の愛人役がシドニー(エイミー・アダムス)だ。

エイミー・アダムスといえば何と言っても「魔法にかけられて」のジゼルのイメージが僕はべらぼうに強いです。ちなみに僕の感想はこんな感じです。

純粋で世間知らずで誰にでも優しいジゼルに「おら、こんな嫁もらいたかったあ」と思った男子がどれほどいたことか。

そんなジゼルが胸元を全開にして切ない声で誘ってくるとか・・・同人誌ですか?何処で売ってますか?

もしジゼルのイメージがなければエイミー・アダムスってスッゲー美人で可愛くて演技の上手いお姉さんだったと思うんだ。

でもジゼルのイメージがあるお陰で「ピュアだったあの娘がダークサイドに堕ちた背徳感」が生まれエイミー・アダムスの魅力を何十倍にも引き上げたわけですよ。

スポンサードリンク

ハングオーバーの彼が!?

そんな魔性の魅力を持ったシドニーに迫られたら、FBI捜査官のリッチー(ブラッドリー・クーパー)がノックアウトされるのは無理もない話だ。

リッチーは野心家でアーヴィングとシドニーを利用して汚職政治家を吊るし上げて一気に出世しようとする。

FBIとは思えないほど感情的で直情型のリッチをブラッドリー・クーパーは見事に演じ切った。

何が凄いってあのインパクト抜群なパンチパーマだよね。

カーマイン市長(ジェレミー・レナー)のへんてこなリーゼントといい、髪型に何か深い意味があるのだろうかと真剣に考えてしまった。

結果最後まで全く意味がなくて笑っちゃったんですけどね。

ハンガーゲームの主役が!?

はい、ということでジェニファー・ローレンスですね。

正直ジェニファー・ローレンスって「ハンガー・ゲーム」の印象くらいしかなくてまだまだ子供って思ってたけど・・・

とんでもない女優に育ってました!

アーヴィングの奥さんのロザリン(ジェニファー・ローレンス)という役どころなんだけどそれがまた強烈なのなんの。

もっとも印象的なのはアーヴィングに「お前が何でもかんでもぺらぺら喋るから、危うくマフィア連中に殺されるところだったぞ!」と迫られた時だ。

その時はアーヴィングが九死に一生の妙案を閃いて助かったのだが、それに対しロザリンは「あなたは追い詰められなきゃ頑張れないのよ、だから今回も私のお陰で助かったのよね?」と驚愕の理論を展開してくる。

その上、アーヴィングが離婚を切り出したときは「ぜってぇ別れてやんねー」みたいな態度だったのに、自分がいい男をみつけたとたんに「悲しいけど私たちは合わないわ、あなたも私から卒業しなきゃ」と熱い手のひら返し。

もうここまで唯我独尊を貫かれたら笑うしかないよね。

あ、ちょっとだけロバート・デ・ニーロが出て来るんだど貫禄が凄い。

今までの緩いムードが一転して一触即発の状態になるんだけど、空気がピリついてるのが分かるくらい怖かった。

愛と友情の行方

ロザリンとシドニーの女の戦いは思わぬ幕切れになったが、あれはあれで両者それぞれの幸せをつかめたから良かったと思う。

かわいそうなのは何といっても市長のカーマインだ。

逮捕され無関係な家族が悲しみのどん底に突き落とされていくのは少し後味が悪かった。

アーヴィングも最初は偽者の付き合いでも、一緒に飲みに行ったり仕事の垣根を越えて付き合っていくうちに「友達っていいなあ」って気づいたのはいいが時すでに遅し。

一応最後に200万ドルをカーマインの減刑にあて罪滅ぼしをしているが、それをカーマインが知ることはないと思うと何とも切ない。

まとめ

期待したものとは全然違うけれどスゲー面白かったです。

ろくでもない大人たちの繰り広げる喜劇はシュールな笑いとちょっと切ない愛と友情でブレンドされて最高級の味に仕上がってます。

ジェニファー・ローレンスの演技は確かに凄かったですけど、やっぱり僕はエイミー・アダムスを押したいですね。

え?なぜって?

そりゃ、シドニーとジゼルのギャップ萌えですよ。

とりあえずエイミー・アダムスの個人的最高傑作を置いておきますね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ